メディア分析実験

が投稿

紹介した書籍

  • 坂本 真樹. 感性情報学- オノマトペから人工知能まで. コロナ社. 2018
    • 「3.1 心理学的方法」に実験の要素が詰まっています。
  • 栗原 伸一.統計学図鑑.オーム社.2017
    • 統計学を広く浅くカバーしており、数学の概念の理解を助ける本です。一度勉強した数学的内容を思い出すのに役立ちます。この書籍のみで数学的理解は難しいので、専門書で読む必要があります。
  • 大村 平.多変量解析のはなし―複雑さから本質を探る.日科技連出版社.2016
    • 主成分分析・重回帰分析などに関する読み物です。手計算で確認できるので、数学的処理を理解しやすいと思います。
  • 朝野 熙彦.入門 多変量解析の実際.ちくま学芸文庫.2018
    • 多変量解析に関して、マーケティングの視点から記載があります。実験で必要な知識よりも詳細な記載もあります。買いやすい価格なので、入門書としておすすめです。
  • 涌井 良幸, 涌井 貞美. 統計学の図鑑 (まなびのずかん). 技術評論社. 2015
    • 大型でフルカラーの本で、小中高の内容から多変量解析、ベイズ統計学の触りなど幅広い内容を見やすくまとめてあります。

実験サイト

  • 実験データを集めています。学内の方は下記サイトで実験が終わったときにデルcsvファイルをメールで小泉までお送りください( koizumi.naoya@uec.ac.jp )。
  • 謝礼として図書カードをお渡しします。
    • csvが出力されないなどの不具合がありましたらご連絡下さい。
  • https://www.media.lab.uec.ac.jp/exp/