Research

が投稿

Midair Interaction

情報空間と実世界を混ぜ合わせる手法の一つとして、空中像に関する研究を実施しています。

Digital Fabrication

プロジェクターが光を世界に投影することでその見えかたを変えるように、エネルギーを実世界に投影することで実世界の対象を操作することを目指しています。モノの表面の絵柄を描き変えたり、動きの指示を行ったりできるシステムです。

Augmented Perception

人間の知覚を拡張し、実世界の見えかたを変える手法を提案しています。かつてレーベンフックの顕微鏡に世界が興奮したように、世界を体感するための新しい方法を作りたいと考えています。

Robotic User Interface

人形遊びをするようにロボットを動かすことで、コンピュータを操作しようとするアイディアです。