コンテンツへスキップ

Naoya Koizumi

自己紹介

  • 小泉直也
  • 学位:博士(メディアデザイン学)
  • 兼任:さきがけ研究員
  • お問い合わせ: koizumi.naoya@uec.ac.jp

情報源

研究者情報総覧
Research map

Twitter

所属

  • 電気通信大学 大学院 情報理工学研究科 情報学専攻 メディア情報学プログラム
  • Media Science and Engineering Program, Department of Informatics, Graduate School of Informatics and Engineering, The University of Electro-Communications

略歴

  • VR学会用
    • 2012年慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科後期博士課程修了.博士(メディアデザイン学).日本学術振興会特別研究員PD,東京大学情報学環研究員を経て,現在,電気通信大学情報理工学研究科助教.知覚作用インタフェース,空中像光学系やクロミック作用を利用したディスプレイの研究に従事.
  • 信学会用
    • 平成16年 電通大・電気通信学部・知能機械工学科卒.平成18年 同大学大学院博士前期課程修了.平成24年慶大・メディアデザイン研究科・後期博士課程修了.博士(メディアデザイン学).日本学術振興会特別研究員(PD),東京大学情報学環研究員を経て,現在,電気通信大学情報理工学研究科助教.バーチャルリアリティ、ヒューマンインタフェースの研究に従事.日本バーチャルリアリティ学会,情報処理学会,各会員.
  • Electronic Imaging 用
    • Naoya Koizumi is an assistant professor of the Graduate School of Informatics and Engineering at the University of Electro-Communications. He received his BE (2004) and ME (2006) from the University of Electro-Communications, and PhD (2013) in Media Design from Keio University (KMD). He was a JSPS Postdoctoral Researcher at Keio University (2013) and project researcher at the University of Tokyo (2013-2016).

出張講義

  • 電通大では、50分程度で専門分野をわかりやすく講義することを「出張講義」と称しています。日常の高等学校等の授業とは異なった体験を通して専門的な内容や大学での学びに興味・関心をもっていただき学問への動機づけにしていただくものです。小泉は空中像を中心にインタフェース技術のお話をいたします(申込)。

  • 小泉 直也. 出張講義(空想を実現するインタフェース技術), 栃木県立栃木高校, 2019年3月15日
  • 小泉 直也. 出張講義(空想を実現するインタフェース技術), 東京学芸大学附属国際中等教育学校, 2018年12月18日
  • 小泉 直也. 出張講義(空想を実現するインタフェース技術),東京都立南多摩中等教育学校, 2018年10月24日
  • 小泉 直也. 出張講義(空想を実現するインタフェース技術), 東京学芸大学附属国際中等教育学校, 2017年12月18日

担当授業

シラバスにリンクされています。

学会活動

個人サイト(更新してません)

日本科学未来館

2013年から2015年まで、日本科学未来館内の苗村プロジェクトの研究室で研究活動を実施しておりました。研究を体験可能なかたちで展示し、対話や観察を通して、これからの研究を設計していくことが重要と考えています。