Achievement

が投稿

論文 | Journals

Full List

  1. Shunji Kiuchi, Naoya Koizumi. Simulating the appearance of mid-air imaging with micro-mirror array plates. Computers & Graphics, Vol. 96, pp. 14--23, 2021. https://doi.org/10.1016/j.cag.2021.02.007
  2. Kei Tsuchiya, Naoya Koizumi. Aerial Imaging by Retro-Reflection for Mid-Air Image Display and Camera Viewpoint Transfer. IEEE Access, Vol. 9, pp. 25110--25117, doi: 10.1109/ACCESS.2021.3057056.(2021) https://ieeexplore.ieee.org/document/9347425
  3. Naoya Koizumi, Sano Ayaka. Optical System to Display Mid-Air Images on a Glossy Plane and Remove Ground Images. Optics Express, Vol. 28, Issue 18, pp. 26750--26763, 2020 https://doi.org/10.1364/OE.400104

国際会議 | International Conference (Refereed)

Full List

Oral Presentation

  1. Kei Tsuchiya and Naoya Koizumi. An Optical Design for Avatar-User Co-axial Viewpoint Telepresence. In Proceedings of 2020 IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (VR), pp.108-116 IEEE, 2020. DOI 10.1109/VR46266.2020.00-75. (PDF)
  2. Ayaka Sano and Naoya Koizumi. 2019. Portable Mid-air Imaging Optical System on Glossy Surface. In 25th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST \'19),. ACM, New York, NY, USA, Article 27, 5 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3359996.3364255 (PDF)【Best Short Paper - Runner Up】
  3. Yu Matsuura and Naoya Koizumi. 2018. Scoopirit: A Method of Scooping Mid-Air Images on Water Surface. In Proceedings of the 2018 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS \'18). ACM, New York, NY, USA, 227-235. DOI: https://doi.org/10.1145/3279778.3279796 (ISS2018)(PDF)

Demonstration

  1. Ayami Hoshi, Shunji Kiuchi, and Naoya Koizumi. 2021. PicPop: A pop-up picture book comprising mid-air images. Extended Abstracts of the 2021 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems. Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, Article 177, 1–4. DOI:https://doi.org/10.1145/3411763.3451539 (PDF)

国内発表 / Domestic conference

Full List

  1. 矢野裕太郎, 星彩水, 小泉直也. 影プロジェクションによる空中像の立体感錯視. 第26回日本バーチャルリアリティ学会大会, 3B1-5, 2021.09.14. (PDF)
  2. 安藤将平, 小泉直也. 各種再帰透過光学系を用いた空中カメラで撮影可能な範囲. 第26回日本バーチャルリアリティ学会大会, 2D2-6, 2021.09.13. (PDF)
  3. 齋藤旭,木内舜司,小泉直也.レイトレーシング法を用いた再帰反射による空中像のCG再現のための基礎検討.第26回バーチャルリアリティ学会,1D3-5,2020.09.12. (PDF)
  4. 星 彩水,木内 舜司,小泉 直也. PicPop:空中像を用いた飛び出す絵本の提案. 情報処理学会 インタラクション2021,インタラクション2021 論文集,pp.189 - 192,2021.3.10. 【プレミアム採択】【インタラクティブ発表賞(一般投票)】(PDF)

受賞 / Award

主な受賞

  1. グッドデザイン賞 (公益財団法人日本デザイン振興会, 2019.10.15) ( web )
  2. アジアデジタルアート 一般/エンタテインメント(産業応用)部門 入賞 (2018アジアデジタルアート大賞展実行委員会, 2018.12.05) ( web )
  3. Innovative Technologies 2018 採択 (FairLift : 水面反射を用いた空中像とのインタラクション)(一般社団法人 デジタルコンテンツ協会, 2018.08.28) ( web )
  4. 論文賞(日本バーチャルリアリティ学会, 2014.09.18)(web)

書籍 / Book

  1. 小泉 直也. 口・鼻・耳の感覚メカニズムと応用技術. S&T出版. 2018年03月27日 ( 「第3章 口腔・咽頭感覚の応用」の「第2節 咀嚼検出デバイスを用いた食感拡張システム」pp.104-114 を担当した)( web )
  2. 小泉 直也, 苗村 健. VR/AR技術の開発動向と最新応用事例. ISBN:978-4-86104-694-0, 2018年2月28日 (「第8章 空中、立体ディスプレイの表示技術と開発事例」の「第3節 空中像を用いたテーブルトップディスプレイの開発と応用」pp.336-361 を担当した)( web )
  3. Takeshi Naemura, Yasuaki Kakehi, Shunsuke Yoshida, Tomoko Hashida, Naoya Koizumi, Shogo Fukushima. Inter-Personal Displays: Augmenting the Physical World Where People Get Together. Human-Harmonized Information Technology, Volume 2: Horizontal Expansionm, 176-196, Springer Japan, https://doi.org/10.1007/978-4-431-56535-2_6 2017.04.21. ( web )

総説等 / Review article

  1. 小泉直也. さきがけ. 日本バーチャルリアリティ学会 学会誌. Vol. 25, No.3, pp. 16--18 (2020).https://doi.org/10.18974/jvrsj.25.3_16
  2. 小泉直也.マイクロミラーアレイ素子を用いた空中ディスプレイ. 月刊オプトロニクス. Vol. 38, No.6. pp.67--71.(2019).
  3. 小泉 直也. クロスモーダルデザインの体系化に向けて. 映像情報メディア学会誌. Vol. 72, No. 1, pp.22 -- 26 (2018).
  4. 小泉 直也. 一番リターンの大きい投資(特集:博士課程のメリット・デメリット). 情報処理, Vol.58, No.5, pp.403--404 (2017). http://id.nii.ac.jp/1001/00178553/
  5. 福嶋 政期, 小泉 直也, 会田 大也, 飯田 誠, 苗村 健. HI講義紹介 東京大学全学体験ゼミナール Groupwork of Future―テクノロジーでつくる未来のディスカッション―. ヒューマンインタフェース学会誌, vol. 17, no. 3, pp. 223 -- 226 (2015.8).

展示 / Exhibition

  1. 大里 柚衣,小泉 直也. 奥行き方向に移動する空中像を提示する光学系の小型化. 映像情報メディア学会 冬季大会 2019([企画セッション2]デモ展示:VR/ARを支える要素技術および応用技術). 2019.12.12. 電気通信大学東3号館2階アゴラ(https://www.ite.or.jp/winter/2019/program/feature/#S2)
  2. 技術協力. FLOWERS BY NAKED 2019 ー東京・日本橋ー. 2019.01.29 - 03.03. 日本橋三井ホール COREDO 室町1・5F. ( 公式サイト , 大学広報 )
  3. 空中像で彩る未来の公共空間. 電通大展 in たづくり. 2018.10.14 - 16. 調布市たづくり(大学広報, PDF, 研究室サイト
  4. FairLift. Open for the Public, Social Innovation Week Shibuya, 2018/09/15(土) 14:00〜18:00 / 16(日) 12:00〜17:00, Edgeof. https://www.social-innovation.jp/events/event/open-for-the-public
  5. 小泉直也. Here Comes the Sun. PUBLIC SMILING, 日建設計東京ビル1Fギャラリー, 2016年9月12日(月)- 9月30日(金).
  6. 勝元 甫, 小泉 直也, 梶田 創, 山本 紘暉, 苗村 健. HoVerTable PONG:テーブル上を動き回る空中像を用いたピンポンゲーム. CEDEC 2016. 2016.8.24 - 26. http://cedec.cesa.or.jp/2016/session/AC/3992.html

知的財産

  • 特願2021-017987, 空中像生成装置、歪み補正関数生成方法及び空中像生成方法. 木内 舜司 , 小泉 直也. (2021/02/08)
  • 特願2020-139811, 空中像形成装置. 小泉 直也. (2020.08.21)
  • 特願2019-40938, 空中像形成装置. 小泉 直也, 大里 柚衣(2019.03.06)
  • 特願2018-193900, 空中像形成装置. 小泉 直也, 佐野 文香(2018.10.12).
  • 特願2017-162612, 太陽光採光型空中像光学系. 小泉 直也(2017.08.25)

報道

Webニュース

  1. 光沢平面上に直立空中像、裸眼で視認 電通大「PortOn」開発. IT MEDIA, 2020.03.12. https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/12/news055.html
  2. 筋電気刺激で他人の感覚を体感する装置や動きや表情をVtuberに反映させるシステム デジタルコンテンツEXPO2018開催. IGN JAPAN, 2018.11.14. https://jp.ign.com/vr/30819/news/vtuber-expo2018
  3. 水面に映った映像をすくう、そんな魔法のようなインタラクション体験が! #interbee2018. gizmodo, 2018.11.14. https://www.gizmodo.jp/2018/11/interbee2018-fairlift.html
  4. 【DCEXPO2018展示レポ】D304 電気通信大学情報学専攻小泉研究室. DC EXPO TV, 2018.11.14. https://www.youtube.com/watch?v=nIINNcLFM0Q&feature=youtu.be
  5. 電気通信大学、空中像CGキャラクタがユーザの顔を観察しやり取りしてくれる技術を発表。空中像視点からユーザを撮影する光学系. Seamless, 2018.11.04, https://shiropen.com/seamless/interaction-system-with-mid-air-cg-character-that-has-own-eyes
  6. 電気通信大学ら、水面反射を用いて空中像を水上と水中に表示し、空中像を水ごとすくい上げる体験も可能にするシステムを発表. Seamless, 2018.06.11. https://shiropen.com/seamless/scoopirit-water-surface
  7. 【SIGGRAPH2018】先端技術コーナーを一挙レポ 日本からも多数出展. MoguraVR, 2018.08.23. https://www.moguravr.com/siggraph-2018-e-tech-report-ar-vr/
  8. 他人と筋肉を共有、水を用いたCG投影……イノベーティブなAR/VR関連技術採択. MoguraVR, 2018.08.30. https://www.moguravr.com/innovative-technologies-2018/

新聞

  1. 食品のバーチャルリアリティの未来を探る. 日本食糧新聞, 2017年09年22日

その他

執筆

  1. 小泉直也. マイクロミラーアレイ素子を用いた空中ディスプレイ. 月刊OPTRONICS, vol 38, No. 6, pp.67-71. 2019.
  2. 小泉直也. 研究室紹介. 日本バーチャルリアリティ学会学会誌, Vol 23, No.2, pp.46-47, 2018.
  3. 小泉直也. 書評「いずれ老いていく僕たちを100年活躍させるための先端VRガイド」. 日本バーチャルリアリティ学会学会誌, Vol 22, No.1, p.53, 2017.

展示等協力

  1. 匠ガール!大学ものつくりラボツアー. 電気通信大学. 2019年8月2日.( 大学広報 )