Publications

が投稿

論文 (査読有り) / Papers (Refereed)

  1. 佐野文香, 小泉 直也. Deco-Wall: 光源を頭部上方に設置し垂直空中像を正面に表示する光学系. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 24, No. 1,  pp. 113-123,2019. https://doi.org/10.18974/tvrsj.24.1_113 (Jstage)
  2. 松浦 悠,小泉 直也.Scoopirit:水面反射を用いた空中像とのインタラクション.情報処理学会論文誌,Vol. 60, No2, pp. 318-327.2019. (IPSJ, PDF)
  3. 梶田 創, 小泉 直也, 苗村 健. SkyAnchor: 実物体の高速移動に対して空中像を固定表示する光学系. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 22, No. 3,  pp. 413-420,2017. http://doi.org/10.18974/tvrsj.22.3_413 (Jstage)
  4. 長徳 将希, 小泉 直也, 苗村 健. ミュージアムにおける一人称動画短縮のための場面抽出――自身での振返りと他者との共有. 情報処理学会論文誌, Vol. 57, No. 12, pp.2516-2525, 2016.(IPSJ, pdf)
  5. 梶田 創, 山本 紘暉, 小泉 直也, 苗村 健. 動的マスクを用いた多層空中像におけるオクルージョン表現. 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J99-D, No.11, pp.1102-1111, 2016. (IEICEpdf)
  6. 山本 紘暉, 梶田 創, 小泉 直也, 苗村 健. EnchanTable:テーブル面の反射を用いた直立空中像ディスプレイ. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.21, No. 3, pp.401-410, 2016 (Jstage)
  7. 小泉 直也, 橋本 悠希, 苗村 健. 紫外線制御を用いた漆器に対する文様描画手法, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 18, No. 1, pp.27 – 34, 2016 (HIS, pdf)
  8. Hanyuool Kim, Hiroki Yamamoto, Naoya Koizumi, Satoshi Maekawa, Takeshi Naemura. HoVerTable: Combining Dual-sided Vertical Mid-air Images with a Horizontal Tabletop Display. ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.17, No.3, pp.275 – 286, 2015 (pdf, HIS)
  9. 辻井 崇紘, 小泉 直也, 苗村 健. Inkantatory Paper: 銀ナノ粒子インクを用いた発熱制御に基づく発色式紙面インタフェース. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 20, No. 2. pp.107- 113 (2015.6) (Jstagepdf)
  10. 伊藤 香織, 小泉 直也, 苗村 健. CoPlet: 感想共有・鑑賞体験記録に基づくミュージアムツアー支援システム. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 20, No. 2. pp.133-142 (2015.6)(Jstagepdf)
  11. 橋本 悠希, 小泉 直也. 漆をベースとした電子回路構築手法の基礎的検討. 計測自動制御学会論文集, Vol. 51 (2015) No. 1 p. 64-71. 2015.1. (pdf, sice)
  12. 西村 光平, 小泉 直也, 橋田 朋子, 苗村 健. 紙面への発色型映像投影技術の多色化. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 19, No. 3, pp.377-385, 2014.(Jstagepdf
  13. 小泉 直也,田中 秀和,上間 裕二,稲見 昌彦. Chewing JOCKEY -咀嚼音提示を利用した食感拡張装置の検討-,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.18 No.2, pp141-150, 2013.(Jstagepdf)【論文賞】
  14. 小泉 直也, 常盤 拓司, 杉本 麻樹, 稲見 昌彦. 光学迷彩2.0 ―透明化する自己像を見る体験の設計―,日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 日本バーチャルリアリティ学会, Vol.16 No.2,pp149-152, 2011.(Jstagepdf)
  15. Naoya KOIZUMI, Kentaro Yasu, Angela Liu, Maki Sugimoto, Masahiko Inami, Animated paper: A toolkit for building moving toys, Computers in Entertainment (CIE), ACM , Volume 8, Issue 2, 2010. (PDF, ACM)
  16. 小泉 直也, 清水 紀芳, 杉本 麻樹, 新居 英明, 稲見 昌彦. ハンドパペット型ロボティックユーザインタフェースの開発. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 日本バーチャルリアリティ学会, Vol.11, No.2, pp.265-274, 2006,(Jstage, pdf)
  17. 清水 紀芳, 小泉 直也, 杉本 麻樹, 新居 英明, 関口 大陸, 稲見 昌彦. 保持型ロボティックユーザインタフェースの研究. 日本知能情報ファジィ学会論文誌, Vol.17, No.2, pp.212-221, 2005.(pdf , cinii)
  18. Noriyoshi SHIMIZU, Naoya KOIZUMI, Maki SUGIMOTO, Hideaki NII, Dairoku SEKIGUCHI, Masahiko INAMI, A Teddy-Bear-Based Robotic User Interface, Computers in Entertainment (CIE), ACM, Vol.4, No.3, July 2006(CiE)

海外発表 / International Conference Presentation (Refereed)

  1. Ayaka Sano and Naoya Koizumi. 2019. Portable Mid-air Imaging Optical System on Glossy Surface. In 25th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST ’19),. ACM, New York, NY, USA, Article 27, 5 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3359996.3364255
  2. Yu Matsuura and Naoya Koizumi. 2018. Scoopirit: A Method of Scooping Mid-Air Images on Water Surface. In Proceedings of the 2018 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS ’18). ACM, New York, NY, USA, 227-235. DOI: https://doi.org/10.1145/3279778.3279796 (ISS2018)(PDF)
  3. Ayaka Sano, Naoya Koizumi. Mid-air image technique for architecture in public space. In  IS&T International Symposium on Electronic Imaging 2018, Stereoscopic Displays and Applications XXⅨ, pp. 111-1-111-9(9), 2018. (EI2018)(PDF)(IS&T)
  4. Kohei Ikeda, Naoya KOIZUMI, Takeshi Naemura. FunCushion: Fabricating Functional Cushion Interfaces with Fluorescent-pattern Displays. In Proceedings of the 14th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology, pp.470-487, 2017. (ACE2017) (PDF)(Springer).
  5. Naoya Koizumi. 2017. Sunny Day Display: Mid-air Image Formed by Solar Light. In Proceedings of the 2017 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS ’17). ACM, New York, NY, USA, 126-131. DOI: https://doi.org/10.1145/3132272.3134137 (PDF)
  6. Hajime Kajita, Naoya Koizumi, and Takeshi Naemura. 2016. SkyAnchor: Optical Design for Anchoring Mid-air Images onto Physical Objects. In Proceedings of the 29th Annual Symposium on User Interface Software and Technology (UIST ’16). ACM, New York, NY, USA, 415-423. DOI: http://dx.doi.org/10.1145/2984511.2984589
  7. Naoya Koizumi, Yuki Hashimoto, and Takeshi Naemura. 2014. A design method to surface of Japanese lacquer by UV projection for diy fabrication. In Proceedings of the 11th Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE ’14). ACM, New York, NY, USA, , Article 21 , 5 pages. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/2663806.2663827 (PDF)
  8. Naoya Koizumi, Maki Sugimoto, Naohisa Nagaya, Masahiko Inami, and Masahiro Furukawa. 2012. Stop motion goggle: augmented visual perception by subtraction method using high speed liquid crystal. In Proceedings of the 3rd Augmented Human International Conference (AH ’12). ACM, New York, NY, USA, , Article 14 , 7 pages. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/2160125.2160139
  9. Naoya Koizumi, Hidekazu Tanaka, Yuji Uema, and Masahiko Inami. 2011. Chewing jockey: augmented food texture by using sound based on the cross-modal effect. In Proceedings of the 8th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE ’11). ACM, New York, NY, USA, , Article 21 , 4 pages. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/2071423.2071449 ( ノーヴァ・デ・リスボン大学 リスボン ポルトガル ), November 10, 2011
  10. Naoya Koizumi, Kentaro Yasu, Angela Liu, Maki Sugimoto, Masahiko Inami, Animated Paper: A Moving Prototyping Toys, ACE2010(7th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology, Taiwan, Novermber 17-19, 2010 ()
  11. Toshinari Nakamura, Noriyoshi Shimizu, Naoya Koizumi, Maki Sugimoto, Hideaki Nii, Dairoku Sekiguchi, Masahiko Inami, RUI for Home Appliances, Proceedings CD-ROM of Symposium on Virtual and Augmented Reality 2007, May.2007. ( PDF )
  12. Noriyoshi SHIMIZU, Naoya KOIZUMI, Maki SUGIMOTO, Hideaki NII, Dairoku SEKIGUCHI, Masahiko INAMI,Teddy-bear based Robotic User Interface, Proceedings of ACM SIGCHI International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology ACE 2005, pp.75-82, Jun. 2005 【Excellent Paper Commendations】

国際会議展示 / International Demonstration (Refereed)

  1. Kei Tsuchiya and Naoya Koizumi. 2019. Levitar: Real Space Interaction through Mid-Air CG Avatar. In SIGGRAPH Asia 2019 Emerging Technologies (SA ’19). ACM, New York, NY, USA, 25-26. DOI: https://doi.org/10.1145/3355049.3360539
  2. Ayaka Sano and Naoya Koizumi. 2019. PortOn: Portable mid-air imaging optical system on glossy materials. In SIGGRAPH Asia 2019 Emerging Technologies (SA ’19). ACM, New York, NY, USA, 38-39. DOI: https://doi.org/10.1145/3355049.3360527
  3. Yu Matsuura and Naoya Koizumi. 2018. Fairlift: interaction with mid-air images on water surface. In ACM SIGGRAPH 2018 Emerging Technologies (SIGGRAPH ’18). ACM, New York, NY, USA, Article 6, 2 pages.(pdf)
  4. Yui Osato and Naoya Koizumi. 2018. Charrot: Pseudo-haptics with Mid-air CG Character and Small Robot. In VRIC’18 Proceedings of the Virtual Reality International Conference – Laval VirtualACM, Laval, France, Article 18, 5pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3234253.3234307(pdf)
  5. Hajime Kajita, Naoya Koizumi, and Takeshi Naemura. 2016. Skyanchor: no latency anchoring of mid-air images onto real objects. In SIGGRAPH ASIA 2016 Emerging Technologies (SA ’16). ACM, New York, NY, USA, , Article 12 , 2 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/2988240.2988248( pdf )
  6. Naoya Koizumi and Takeshi Naemura. 2016. Passive Mid-air Display. In Proceedings of the 13th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2016). ACM, New York, NY, USA, , Article 39 , 6 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3001773.3001812. 【Best Showcase Award】( pdf )
  7. Hajime Katsumoto, Hajime Kajita, Naoya Koizumi, and Takeshi Naemura. 2016. HoVerTable PONG: Playing Face-to-face Game on Horizontal Tabletop with Moving Vertical Mid-air Image. In Proceedings of the 13th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2016). ACM, New York, NY, USA, Article 50, 6 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3001773.3001820 ( pdf )
  8. Hiroki Yamamoto, Hajime Kajita, Naoya Koizumi, and Takeshi Naemura. 2015. EnchanTable: Displaying a Vertically Standing Mid-air Image on a Table Surface using Reflection. In Proceedings of the 2015 International Conference on Interactive Tabletops & Surfaces (ITS ’15). ACM, New York, NY, USA, 397-400. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/2817721.2823476 ( pdf )【Best Demo Award】
  9. Takahiro Tsujii, Naoya Koizumi, and Takeshi Naemura. 2014. Inkantatory paper: dynamically color-changing prints with multiple functional inks. In Proceedings of the adjunct publication of the 27th annual ACM symposium on User interface software and technology (UIST’14 Adjunct). ACM, New York, NY, USA, 39-40. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/2658779.2659103 ( pdf )
  10. Daniel Saakes, Masahiko Inami, Takeo Igarashi, Naoya Koizumi, and Ramesh Raskar. 2012. Shader printer. In ACM SIGGRAPH 2012 Emerging Technologies (SIGGRAPH ’12). ACM, New York, NY, USA, , Article 18 , 1 pages. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/2343456.2343474  ( pdf )
  11. Hidekazu Tanaka, Naoya Koizumi, Yuji Uema, and Masahiko Inami. 2011. Chewing jockey: augmented food texture by using sound based on the cross-modal effect. In SIGGRAPH Asia 2011 Emerging Technologies (SA ’11). ACM, New York, NY, USA, , Article 18 , 1 pages. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/2073370.207338 ( pdf )
  12. Daniel Saakes, Kevin Chiu, Tyler Hutchison, Biyeun M. Buczyk, Naoya Koizumi, Masahiko Inami, and Ramesh Raskar. 2010. Slow display. In ACM SIGGRAPH 2010 Emerging Technologies(SIGGRAPH ’10). ACM, New York, NY, USA, , Article 22 , 1 pages. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/1836821.1836843
  13. Naoya Koizumi, Kentaro Yasu, Angela Liu, Maki Sugimoto, and Masahiko Inami. 2010. Animated paper: a moving prototyping platform. In Adjunct proceedings of the 23nd annual ACM symposium on User interface software and technology (UIST ’10). ACM, New York, NY, USA, 389-390. DOI=10.1145/1866218.1866234 http://doi.acm.org/10.1145/1866218.1866234
  14. Noriyoshi Shimizu, Naoya Koizumi, Maki Sugimoto, Hideaki Nii, Dairoku Sekiguchi, and Masahiko Inami. 2005. Teddy-bear based robotic user interface for interactive entertainment. In Proceedings of the 2005 ACM SIGCHI International Conference on Advances in computer entertainment technology (ACE ’05). ACM, New York, NY, USA, 389-390. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/1178477.1178564 (Jun. 2005)

国際ポスター発表 / International Conference Poster (Refereed)

  1. Yui Osato and Naoya Koizumi. 2019. Optical system that forms a mid-air image moving at high speed in the depth direction. In  2019 IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (VR). IEEE, Osaka, Japan, 2 pages. DOI=https://doi.org/10.1109/VR.2019.8798235(PDF)
  2. Yudai Niwa, Hajime Kajita, Naoya Koizumi, and Takeshi Naemura. 2018. GoThro: optical transfer of camera viewpoint using retro-transmissive optical system. In SA ’18 SIGGRAPH Asia 2018 Posters. ACM, New York, USA, Article No. 59, 2 pages. DOI=https://doi.org/10.1145/3283289.3283317 (PDF)
  3. Kei Tsuchiya, Ayaka Sano, and Naoya Koizumi. 2018. Interaction system with mid-air CG character that has own eyes. In SA ’18 SIGGRAPH Asia 2018 Posters. ACM, New York, USA, Article No. 79, 2 pages. DOI=https://doi.org/ 10.1145/3283289.3283318 (PDF)
  4. Hiroki Yamamoto, Hajime Kajita, Hanyuool Kim, Naoya Koizumi, and Takeshi Naemura. 2015. Mid-air plus: a 2.5 D cross-sectional mid-air display with transparency control. In ACM SIGGRAPH 2015 Posters (SIGGRAPH ’15). ACM, New York, NY, USA, , Article 78 , 1 pages. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/2787626.2792605 (PDF)
  5. Hajime Kajita, Naoya Koizumi, and Takeshi Naemura. 2015. OpaqueLusion: opaque mid-air images using dynamic mask for occlusion expression. In ACM SIGGRAPH 2015 Posters (SIGGRAPH ’15). ACM, New York, NY, USA, , Article 81 , 1 pages. DOI=http://dx.doi.org/10.1145/2787626.2787639
  6. Hanyuool Kim, Hiroki Yamamoto, Naoya Koizumi, Satoshi Maekawa, and Takeshi Naemura. 2015. HoVerTable: Dual-sided Vertical Mid-air Images on Horizontal Tabletop Display. InProceedings of the 33rd Annual ACM Conference Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’15). ACM, New York, NY, USA, 1115-1120. DOI=http://doi.acm.org/10.1145/2702613.2732699 ( pdf )
  7. Yuji Uema, Naoya Koizumi, S. W. Chang, Kouta Minamizawa, Maki Sugimoto and Masahiko Inami, “Optical camouflage III: Auto-stereoscopic and multiple-view display system using retro-reflective projection technology,” 2012 IEEE Virtual Reality Workshops (VRW), Costa Mesa, CA, 2012, pp. 57-58. DOI: 10.1109/VR.2012.6180880 https://ieeexplore.ieee.org/document/6180880 ( PDF )

国内発表 / Domestic conference

  1. 木内 舜司, 佐野 文香, 小泉 直也. レイトレーシング法を用いた再帰透過光学系の再現のための基礎検討. 第24回日本バーチャルリアリティ学会大会, 1C-07, 2019.09.11. (東京大学本郷キャンパス)( PDF )
  2. 大里 柚衣, 小泉直也. 奥行き方向へ高速に移動する空中像を提示する光学系.  信学技報, vol. 118, no. 502, MVE2018-66, pp. 73-78, 2019.3.14.(鹿児島大学 郡元キャンパス 工学部共通棟) ( web )(PDF【MVE賞 受賞 (2019.3.25)】
  3. 佐野 文香, 小泉 直也. Porton: 光沢のある水平面上に直立空中像を表示する持ち運び可能な光学系の設計. 情報処理学会 インタラクション2019, インタラクション2019 論文集, pp.940 – 944, 2019.3.8 【プレミアム採択】【インタラクティブ発表賞(一般投票)】【インタラクティブ発表賞(PC推薦)】( PDF )
  4. 土谷 慧, 佐野 文香, 小泉 直也. 空中像表示とその視点からの撮影が可能な光学系. 第23回日本バーチャルリアリティ学会大会, 11D-2, 2018.09.19. (東北大学青葉山新キャンパス 青葉山コモンズ)( PDF )
  5. 小泉 直也, 藤森 秀. レーザーおよび拡散版を用いた空中像光学系の基礎検討. エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2018論文集, Vol. 2018, pp. 213-214, 2018.09.06. ( 電気通信大学 B棟 ) ( 情報学広場 )( PDF )
  6. 小泉 直也. 発色型情報提示手法の多色化に関する基礎検討. Vol. 2018-EC-47, No.1, pp.1-5, 2018-03-09.( 電気通信大学 ) ( 情報学広場 )
  7. 松浦 悠, 小泉 直也. Scoopirit: 水面反射を用いた空中像とのインタラクション. 情報処理学会 インタラクション2018, インタラクション2018 論文集, pp.7 – 14, 2018.3.5 【査読付き口頭発表】【インタラクティブ発表賞】( pdf )
  8. 小泉直也, 藤森 秀. 掃除機型ロボットを用いた発色型情報提示手法の大規模空間への拡張に関する検討. 情報処理学会 インタラクション2018, インタラクション2018 論文集, pp.716 – 719, 2018.03.06
  9. 大里柚衣, 小泉 直也.空中像のCGキャラクタの動きによる 擬似触覚提示手法の評価. 第9回 多感覚研究会, 2017.12.17,18.(熊本大学 黒髪北キャンパス くすの木会館)
  10. 池田 昂平, 小泉 直也, 苗村 健. FunCushion: 情報表示機能を有する柔軟物インタフェースの構成手法と応用. 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会, 1A2-05, 2017.09.27.(徳島大学常三島キャンパス)
  11. 丹羽 雄大, 梶田 創, 小泉 直也, 苗村 健.  GoThro: 障壁を光学的に通り抜けるカメラ.第22回日本バーチャルリアリティ学会大会, 1B3-05, 2017.09.27 (徳島大学常三島キャンパス)
  12. 大里柚衣, 小泉 直也.空中像のCGキャラクタの動きによる擬似触覚提示手法の評価. 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会, 1F2-01, 2017.9.27. (徳島大学常三島キャンパス)( PDF )
  13. 佐野文香, 小泉 直也.光源を頭部上方に設置し垂直空中像を正面に表示する光学系. 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会, 1E4-02, 2017.9.27. (徳島大学常三島キャンパス)( PDF )
  14. 小泉 直也, 水原 遼.多層印刷による多発色型情報提示手法の基礎検討. 情報処理学会 インタラクション2017, インタラクション2017 論文集, pp. 397 – 400, 2017.3.3 (明治大学中野キャンパス)( PDF )
  15. 小泉 直也, 簾内 統賀. タッチスクリーンによる空中像インタフェースの基礎検討.情報処理学会 インタラクション2017, インタラクション2017 論文集, pp. 436 – 439, 2017.3.3 (明治大学中野キャンパス)( PDF )
  16. 小泉直也, 三村 京太郎, 杉浦 裕太. 発色型情報提示手法の大規模空間への拡張に関する基礎検討. 情報処理学会 インタラクション2017, インタラクション2017 論文集, pp.358 – 360, 2017.3.2 (明治大学中野キャンパス) ( pdf )
  17. 池田 昂平, 小泉 直也, 苗村 健. FunCushion:プッシュ入力と発光出力機能を有するクッション型インタフェース. 信学技報, MVE2016-42, vol. 116, no. 412, pp. 347 – 352. (2017.1). (MVE, IPSJ)【MVE賞 受賞 (2017.1.20)】
  18. 梶田 創, 小泉 直也, 苗村 健. beyooooonD: テーブルトップ直立空中像ディスプレイの視域・視野角の拡大. 第21回日本バーチャルリアリティ学会大会, 33D-4, 2016.9.16. (つくば国際展示場)【筆頭著者が学術奨励賞を受賞】
  19. 大川 達也, 勝元 甫, 梶田 創, 小泉 直也, 苗村 健. 2層式再帰透過光学系における偏光を利用した迷光の遮蔽. 第21回日本バーチャルリアリティ学会大会, 33C-2, 2016.9.16. (つくば国際展示場) ( pdf )
  20. 勝元 甫, 梶田 創, 山本 紘暉, 小泉 直也, 苗村 健. テーブル型対面環境における直立空中像の移動に伴う透過光の遮蔽. 3次元画像コンファレンス2016講演論文集, pp.51-54, 2016.7.14(関西大学 千里山キャンパス 100周年記念会館 ).(査読付き) ( pdf )
  21. 小泉 直也, 梶田 創, 山本 紘暉, 苗村 健. 環境光適応型空中像ディスプレイの基礎検討.情報処理学会 インタラクション2016, インタラクション2016論文集, pp.1063 – 1066, 2015.3.4 (科学技術館) ( pdf )
  22. 山本 紘暉,梶田 創,金 ハンヨウル,小泉 直也,苗村 健. Mid-air Plus: 透過制御可能な水平・垂直な空中像を表示する光学設計. 第 20 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.82-85, 2015.9.9 (芝浦工業大学 豊洲キャンパス)【筆頭著者が学術奨励賞を受賞】
  23. 梶田 創, 小泉 直也, 苗村 健. OpaqueLusion: 動的マスクを用いた多層空中像におけるオクルージョン表現. 第14回情報科学技術フォーラム(FIT2015),第3分冊, pp.77-84, 2015.9.17(愛媛大学 城北キャンパス)(査読付き)【FIT船井ベストペーパー賞(FIT Funai Best Paper Award)】
  24. 山本 紘暉, 金 ハンヨウル, 小泉 直也, 苗村 健. AriCE:鏡の前後に水平・垂直の空中像を提示する複合現実感システム. 3次元画像コンファレンス2015講演論文集, pp.23-26, 2015.7.9(海洋研究開発機構 横浜研究所 三好記念講堂).(査読付き)(PDF)
  25. 梶田 創, 小泉 直也, 苗村 健. OpaqueLusion: 多層空中像におけるオクルージョン表現の基礎検討. 情報処理学会 インタラクション2015, インタラクション2015論文集, pp.1010 – 1015, 2015.3.7 (日本科学未来館) (pdf)【インタラクティブ発表賞】
  26. 長徳 将希, 小泉 直也, 苗村 健. ろぐろぐ動画: 発話に基づく体験動画の自動要約. 情報処理学会 インタラクション2015, インタラクション2015論文集, pp.486 – 491, 2015.3.6 (日本科学未来館)
  27. 辻井 崇紘, 小泉 直也, 苗村 健. 銀ナノ粒子インク印刷による紙ヒーターの基礎検討. 第19回 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.491-494,2014.9.19. (名古屋大学)【筆頭著者が学術奨励賞を受賞】
  28. 伊藤 香織, 小泉 直也, 苗村 健. 感想共有・鑑賞体験記録に基づくミュージアムツアー支援システムCoPletの提案. ヒューマンインタフェースシンポジウム,pp.781-788, 2014.9.12. (京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス)
  29. 山本 紘暉, 金 ハンヨウル, 小泉 直也, 苗村 健. 複合現実感システムのための空中像に対する影のプロジェクションの提案. 3次元画像コンファレンス2014講演論文集, pp.51-54,2014.7.11.(東京大学) (査読付き) (PDF)
  30. 高橋 一成, 金 ハンヨウル, 小泉 直也, 苗村 健. 複合現実感システムのための空中像と実物体の位置合わせ.信学技報, vol. 114, no. 73, MVE2014-12, pp. 123-128, 2014年6月.(北海道大学)
  31. 穴井 佑樹, 小泉 直也, 古川 正紘, 稲見 昌彦. 液晶シャッターメガネを用いた位相差制御による実空間における移動体のサイズ変換. 第18回バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.270 – 273( グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル, 2013年9月18日)
  32. 手塚 健太郎, 小泉 直也, 杉本 麻樹, 稲見 昌彦. 前庭感覚電気刺激を用いた平衡感覚への姿勢による影響に関する研究. 第18回バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.1 – 4( グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル, 2013年9月18日)
  33. 小泉 直也,永谷 直久,古川 正紘,杉本 麻樹,稲見 昌彦. 異なる周波数で制御された高速シャッターによる視知覚への影響, 第17回バーチャルリアリティ学会論文集, pp419 – 422 (慶應義塾大学日吉キャンパス, 2012年9月14日)
  34. Chang Shian Wei,上間 裕二,小泉 直也,南澤 孝太,杉本 麻樹,稲見 昌彦. ThroughView A Visual Assistance System for Reverse Driving using Retro-reflective Projection Technology, 第17回バーチャルリアリティ学会論文集, pp564 – 565 (慶應義塾大学日吉キャンパス, 2012年9月14日)
  35. 花光 宣尚, 上間 裕二, 小泉 直也, 稲見 昌彦.ステージパフォーマンスに向けたX’talVisionのシステム構築と実践. エンターテイメントコンピューティング2013 ( web )
  36. 水品 友佑, 小泉 直也, 稲見 昌彦. 再帰性投影技術を用いた浮遊感覚体験の設計. エンターテイメントコンピューティング2013, ( PDF, web )
  37. 上間 裕二, 小泉 直也, 曽 憲威 , 南澤 孝太 , 杉本 麻樹 , 稲見 昌彦. 再帰性投影技術による視覚情報提示とエンタテイメント性, 情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング 2011-EC-22(6), -2, 2011-12-10. http://id.nii.ac.jp/1001/00079343/
  38. 上間 裕二, 小泉 直也, 曽 憲威, 南澤 孝太, 杉本 麻樹, 稲見 昌彦. 光学迷彩Ⅲ, 第16回バーチャルリアリティ学会論文集, pp57-60 (はこだて未来大学,2011年9月20日)
  39. 田中 秀和, 小泉 直也, 上間 裕二, 南澤 孝太, 稲見 昌彦. 咀嚼検出デバイスを用いた食感拡張システムの提案, 第16回バーチャルリアリティ学会論文集, pp694-697 (はこだて未来大学,2011年9月22日)
  40. 須佐 雄輝, 小泉 直也, 上間 裕二, 常盤 拓司, 杉本 麻樹, 稲見 昌彦, 実素材の特徴量を考慮した 菓子組み支援アプリケーションの研究, 研究報告-エンタテインメントコンピューティング(EC), 2011-EC-19(24), 1-6, 2011-03-19. http://id.nii.ac.jp/1001/00073717/
  41. Shreya Deshmukh, Masaki Aijima, Hirokazu Kawana, Yuta Sugiura, Naoya Koizumi, Masahiko Inami, PHOENIX-LETTERS: Designing Special Messages with Burning Patterns in a Microwave Oven, エンタテインメントコンピューティング2010 (2010年 10月22日〜24日, 京都工芸繊維大学)【Next Generation賞】
  42. 稲見 昌彦, 小泉 直也, 常盤 拓司, 杉本 麻樹. Kawaiiユーザインタフェース, エンタテインメントコンピューティング2010 (2010年 10月22日〜24日, 京都工芸繊維大学)
  43. 小泉 直也, 須佐 雄輝, 上間 裕二, 杉本 麻樹, 稲見 昌彦. レーザー照射による“Image Based Cooking”の開発,情報処理学会 研究報告-エンタテインメントコンピューティング(EC), Vol.2010-EC-17 No.2 (香川大学,2010年8月24日) http://id.nii.ac.jp/1001/00070186/
  44. 杉本 麻樹, 上間 裕二 , 永谷 直久 , 小泉 直也 , 稲見 昌彦. 情報環境への自己投射と操作に伴う身体動揺”, 情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング 2010-EC-15(25), 1-2, 2010-03-05
  45. 安 謙太郎 ,小泉 直也 , 近藤 誠 , 朱 景華 , LIU Angela , 杉本 麻樹 , 稲見 昌彦. Animated Paper : エネルギープロジェクタを用いた平面型ロボットの制御手法の提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2010, “1A1-F03(1)”-“1A1-F03(4)”, 2010
  46. 山本 暁夫, 清水 紀芳, 小泉 直也, 杉本 麻樹, 新居 英明, 長谷川 晶一, 稲見 昌彦. 保持型ロボティックユーザインタフェースによる情報提示法の研究,ヒューマンインタフェース学会研究報告集 Vol.7 No.3,pp.61-64 (2005/6/3)
  47. 小泉 直也, 清水 紀芳, 杉本 麻樹, 新居英明, 稲見 昌彦. ハンドパペット型ロボティックユーザインタフェースの研究,エンタテインメントコンピューティング 2004論文集,pp.59-63, 2004
  48. 清水 紀芳, 小泉 直也, 杉本 麻樹, 新居 英明, 稲見 昌彦. 保持型ロボティックユーザインタフェースの研究, エンタテインメントコンピューティング2004論文集, pp.55-58, 2004

受賞 / Award

  1. グッドデザイン賞 (公益財団法人日本デザイン振興会, 2019.10.15) ( web )
  2. MVE賞(メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎(MVE研究会),2019.03.25)( web )(18件中1件)
  3. インタラクティブ発表賞(一般投票)(情報処理学会 インタラクション2019, 2019.03.08)(web)(68件中3件)
  4. インタラクティブ発表賞(PC推薦)(情報処理学会 インタラクション2019, 2019.03.08)(web)(215件中7件)
  5. アジアデジタルアート 一般/エンタテインメント(産業応用)部門 入賞 (2018アジアデジタルアート大賞展実行委員会, 2018.12.05) ( web )
  6. Innovative Technologies 2018 採択 (FairLift : 水面反射を用いた空中像とのインタラクション)(一般社団法人 デジタルコンテンツ協会, 2018.08.28) ( web )
  7. インタラクティブ発表賞(情報処理学会 インタラクション2018, 2018.03.07)(web)
  8. Innovative Technologies+ 2017 採択(GoThro, 東京大学 苗村研究室と共同)(経済産業省, 2017.9.07) (webJJPMETI,  pdf)
  9. Innovative Technologies+ 2017 採択(Clothcreen, 東京大学 苗村研究室と共同)(経済産業省, 2017.9.07) (web, METI,  pdf)
  10. 電子情報通信学会MVE賞 (電子情報通信学会, 2017.01.20 ) (web)
  11. Best Showcase Award (ACM ACE2016, 2016.11.12 ) (web)
  12. Best Demo Award(ACM Interactive Tabletop and Surface 2015, 2015.11.17)(jpg)
  13. Innovative Technologies 2015 採択(エンチャンテーブル, 東京大学 苗村研究室として)(経済産業省, 2015.9.10) (web, pdf)
  14. FIT船井ベストペーパー賞(情報処理学会 2015.09.16)(web, pdf)
  15. インタラクティブ発表賞(情報処理学会 インタラクション2015, 2015.03.07)(web, pdf)
  16. 論文賞(日本バーチャルリアリティ学会, 2014.09.18)(web)
  17. Innovative Technologies 2014 採択(インカンタトリーペーパー, 東京大学 苗村研究室として)(経済産業省, 2014.9.10) (web, pdf)
  18. Innovative Technologies 2012 特別賞 Industry部門( 透明プリウス  慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 稲見研究室として)(経済産業省, 2012.10.25)(web)
  19. Innovative Technologies 2012 採択 (透明プリウス  慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 稲見研究室として)(経済産業省) (web)
  20. Next Generation賞 (芸術科学会 エンタテインメントコンピューティング2010, 2010.10.22)(DIVA24号)
  21. Excellent Paper Commendations (Advances in Computer Entertainment Technology 2005)
  22. 小泉直也. 畠山賞(日本機械学会, 2003)

所属学生の表彰

  1. 松浦 悠, 電気通信大学 学生表彰. 2019年3月25日 ( web )
  2. 佐野 文香, 電気通信大学 学生表彰. 2019年3月25日 ( web )
  3. 土谷 慧, 電気通信大学 学生表彰. 2019年3月25日 ( web )
  4. 足湯同好会, 電気通信大学 学生表彰. 2019年3月25日 ( web )
  5. 佐野 文香, 電気通信大学 目黒会 目黒会賞. 2018年3月23日 ( web )
  6. 佐野 文香, 電気通信大学 学生表彰. 2018年3月23日 ( web )
  7. 大里 柚衣, 電気通信大学 学生表彰. 2018年3月23日 ( web )

書籍 / Book

  1. 小泉 直也. 口・鼻・耳の感覚メカニズムと応用技術. S&T出版. 2018年03月27日 ( 「第3章 口腔・咽頭感覚の応用」の「第2節 咀嚼検出デバイスを用いた食感拡張システム」pp.104-114 を担当した)( web )
  2. 小泉 直也, 苗村 健. VR/AR技術の開発動向と最新応用事例. ISBN:978-4-86104-694-0, 2018年2月28日 (「第8章 空中、立体ディスプレイの表示技術と開発事例」の「第3節 空中像を用いたテーブルトップディスプレイの開発と応用」pp.336-361 を担当した)( web )
  3. Takeshi Naemura, Yasuaki Kakehi, Shunsuke Yoshida, Tomoko Hashida, Naoya Koizumi, Shogo Fukushima. Inter-Personal Displays: Augmenting the Physical World Where People Get Together. Human-Harmonized Information Technology, Volume 2: Horizontal Expansionm, 176-196, Springer Japan, https://doi.org/10.1007/978-4-431-56535-2_6 2017.04.21. ( web )

総説等 / Review article

  1. 小泉直也.マイクロミラーアレイ素子を用いた空中ディスプレイ. 月刊オプトロニクス. Vol. 38, No.6. pp.67-71.(2019).
  2. 小泉 直也. クロスモーダルデザインの体系化に向けて. 映像情報メディア学会誌.  Vol. 72, No. 1, pp.22 – 26 (2018).
  3. 小泉 直也. 一番リターンの大きい投資(特集:博士課程のメリット・デメリット). 情報処理, Vol.58, No.5, pp.403-404 (2017). http://id.nii.ac.jp/1001/00178553/
  4. 福嶋 政期, 小泉 直也, 会田 大也, 飯田 誠, 苗村 健. HI講義紹介 東京大学全学体験ゼミナール Groupwork of Future―テクノロジーでつくる未来のディスカッション―. ヒューマンインタフェース学会誌, vol. 17, no. 3, pp. 223 – 226 (2015.8).

講演 / Talk

  1. 小泉直也. 水面反射を用いた空中像とのインタラクション. 第24回レーザーディスプレイ技術研究会. 2019年2月14日 ( web ).
  2. Naoya Koizumi. Merging computer graphics into real world using mid-air imaging technology. International Conference on 3D Systems & Applications 2018. ( web )
  3. 小泉直也. 太陽光を用いた空中像生成技術の紹介. JST戦略的創造研究推進事業 新技術説明会 ~ICT・ナノテクノロジー~. 2018年3月1日(木), JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)( web )
  4. 小泉 直也. 実空間に溶け込むVRディスプレイ技術. 情報処理学会 連続セミナー2017 第6回, 2017年12月11日(月), 化学会館7F(東京都千代田区). ( web )
  5. 小泉 直也. 空中映像 作りかた・使いかた. サイエンス・クエスト, 2017年10月15日(日), 日本科学未来館 ( web )
  6. 小泉 直也. VRで新食感をつくる. 食品ニューテクノロジー研究会 2017年8月 例会 「食のバーチャルリアリティの未来を探る」, 2017年8月9日(水), アキバプラザ ( web )

展示 / Exhibition

  1. 技術協力. FLOWERS BY NAKED 2019 ー東京・日本橋ー. 2019.01.29 – 03.03. 日本橋三井ホール COREDO 室町1・5F. ( 公式サイト , 大学広報 )
  2. 空中像で彩る未来の公共空間. 電通大展 in たづくり. 2018.10.14 – 16. 調布市たづくり(大学広報, PDF, 研究室サイト 
  3. FairLift. Open for the Public, Social Innovation Week Shibuya, 2018/09/15(土) 14:00〜18:00 / 16(日) 12:00〜17:00, Edgeof. https://www.social-innovation.jp/events/event/open-for-the-public
  4. 小泉直也. Here Comes the Sun. PUBLIC SMILING日建設計東京ビル1Fギャラリー, 2016年9月12日(月)- 9月30日(金).
  5. 勝元 甫, 小泉 直也, 梶田 創, 山本 紘暉, 苗村 健. HoVerTable PONG:テーブル上を動き回る空中像を用いたピンポンゲーム. CEDEC 2016. 2016.8.24 –  26. http://cedec.cesa.or.jp/2016/session/AC/3992.html

知的財産

  • 特願2019-40938, 空中像形成装置. 小泉 直也, 大里 柚衣(2019.03.06)
  • 2018193900, 空中像形成装置. 小泉 直也, 佐野 文香(2018.10.12).
  • 2017-162612, 太陽光採光型空中像光学系. 小泉 直也(2017.08.25)

報道

Webニュース

  1. 筋電気刺激で他人の感覚を体感する装置や動きや表情をVtuberに反映させるシステム デジタルコンテンツEXPO2018開催. IGN JAPAN, 2018.11.14.
  2. 水面に映った映像をすくう、そんな魔法のようなインタラクション体験が! #interbee2018. gizmodo, 2018.11.14.
  3. 【DCEXPO2018展示レポ】D304 電気通信大学情報学専攻小泉研究室. DC EXPO TV, 2018.11.14.
  4. 電気通信大学、空中像CGキャラクタがユーザの顔を観察しやり取りしてくれる技術を発表。空中像視点からユーザを撮影する光学系. Seamless, 2018.11.04,
  5. 電気通信大学ら、水面反射を用いて空中像を水上と水中に表示し、空中像を水ごとすくい上げる体験も可能にするシステムを発表. Seamless, 
  6. 【SIGGRAPH2018】先端技術コーナーを一挙レポ 日本からも多数出展. MoguraVR, 2018.08.23.
  7. 他人と筋肉を共有、水を用いたCG投影……イノベーティブなAR/VR関連技術採択. MoguraVR, 2018.08.30.

新聞

  1. 食品のバーチャルリアリティの未来を探る. 日本食糧新聞, 2017年09年22日

その他

  1. 小泉直也. マイクロミラーアレイ素子を用いた空中ディスプレイ. 月刊OPTRONICS, vol 38, No. 6, pp.67-71. 2019.
  2. 小泉直也. 研究室紹介. 日本バーチャルリアリティ学会学会誌, Vol 23, No.2, pp.46-47, 2018.
  3. 小泉直也. 書評「いずれ老いていく僕たちを100年活躍させるための先端VRガイド」. 日本バーチャルリアリティ学会学会誌, Vol 22, No.1, p.53, 2017.