Journals | 論文誌

が投稿

FULL PUBLICATION LIST

  1. Shunji Kiuchi, Naoya Koizumi. Simulating the appearance of mid-air imaging with micro-mirror array plates. Computers & Graphics, Vol. 96, pp. 14--23, 2021.
    https://doi.org/10.1016/j.cag.2021.02.007

  2. Kei Tsuchiya, Naoya Koizumi. Aerial Imaging by Retro-Reflection for Mid-Air Image Display and Camera Viewpoint Transfer. IEEE Access, Vol. 9, pp. 25110--25117, doi: 10.1109/ACCESS.2021.3057056.(2021)
    https://ieeexplore.ieee.org/document/9347425

  3. Naoya Koizumi, Sano Ayaka. Optical System to Display Mid-Air Images on a Glossy Plane and Remove Ground Images. Optics Express, Vol. 28, Issue 18, pp. 26750--26763, 2020
    https://doi.org/10.1364/OE.400104

  4. Yui Osato, Naoya Koizumi. Compact optical system displaying mid-air images movable in depth by rotating light source and mirror. Computers & Graphics, Volume 91, pp. 290-300, 2020.
    https://doi.org/10.1016/j.cag.2020.08.006

  5. Naoya Koizumi, Koki Yuzurihara. High-Luminance Mid-Air Image Display for Outdoor Viewing by Focusing Sunlight. Applied Sciences, Volume 10, Issue 17, 5834, 2020.
    https://doi.org/10.3390/app10175834
    https://www.mdpi.com/2076-3417/10/17/5834

  6. Naoya Koizumi, Yudai Niwa, Hajime Kajita, Takeshi Naemura. Optical design for transfer of camera viewpoint using retrotransmissive optical system. Optical Review, Volume 27, Issue 1, pp. 126–135, 2020.(https://doi.org/10.1007/s10043-019-00575-7, PDF)

  7. 佐野文香, 小泉 直也. Deco-Wall: 光源を頭部上方に設置し垂直空中像を正面に表示する光学系. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 24, No. 1, pp. 113-123, 2019.
    https://doi.org/10.18974/tvrsj.24.1_113

  8. 松浦 悠,小泉 直也.Scoopirit:水面反射を用いた空中像とのインタラクション.情報処理学会論文誌,Vol. 60, No2, pp. 318-327.2019.
    (IPSJ, PDF)

  9. 梶田 創, 小泉 直也, 苗村 健. SkyAnchor: 実物体の高速移動に対して空中像を固定表示する光学系. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 22, No. 3, pp. 413-420,2017. http://doi.org/10.18974/tvrsj.22.3_413

  10. 長徳 将希, 小泉 直也, 苗村 健. ミュージアムにおける一人称動画短縮のための場面抽出――自身での振返りと他者との共有. 情報処理学会論文誌, Vol. 57, No. 12, pp.2516-2525, 2016.(IPSJ, pdf)

  11. 梶田 創, 山本 紘暉, 小泉 直也, 苗村 健. 動的マスクを用いた多層空中像におけるオクルージョン表現. 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J99-D, No.11, pp.1102-1111, 2016.
    (IEICE, pdf)

  12. 山本 紘暉, 梶田 創, 小泉 直也, 苗村 健. EnchanTable:テーブル面の反射を用いた直立空中像ディスプレイ. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.21, No. 3, pp.401-410, 2016 (Jstage)

  13. 小泉 直也, 橋本 悠希, 苗村 健. 紫外線制御を用いた漆器に対する文様描画手法, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 18, No. 1, pp.27 - 34, 2016 (HIS, pdf, https://doi.org/10.11184/his.18.1_27)

  14. Hanyuool Kim, Hiroki Yamamoto, Naoya Koizumi, Satoshi Maekawa, Takeshi Naemura. HoVerTable: Combining Dual-sided Vertical Mid-air Images with a Horizontal Tabletop Display. ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.17, No.3, pp.275 - 286, 2015.
    (pdf, HIS, https://doi.org/10.11184/his.18.1_27)

  15. 辻井 崇紘, 小泉 直也, 苗村 健. Inkantatory Paper: 銀ナノ粒子インクを用いた発熱制御に基づく発色式紙面インタフェース. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 20, No. 2. pp.107- 113. 2015.
    (Jstage, pdf)

  16. 伊藤 香織, 小泉 直也, 苗村 健. CoPlet: 感想共有・鑑賞体験記録に基づくミュージアムツアー支援システム. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 20, No. 2. pp.133-142 (2015.6)
    (Jstage, pdf)

  17. 橋本 悠希, 小泉 直也. 漆をベースとした電子回路構築手法の基礎的検討. 計測自動制御学会論文集, Vol. 51 (2015) No. 1 p. 64-71. 2015.
    (pdf, sice)

  18. 西村 光平, 小泉 直也, 橋田 朋子, 苗村 健. 紙面への発色型映像投影技術の多色化. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 19, No. 3, pp.377-385, 2014.(Jstage, pdf

  19. 小泉 直也,田中 秀和,上間 裕二,稲見 昌彦. Chewing JOCKEY -咀嚼音提示を利用した食感拡張装置の検討-,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.18 No.2, pp141-150, 2013.
    (Jstage, pdf)【論文賞】

  20. 小泉 直也, 常盤 拓司, 杉本 麻樹, 稲見 昌彦. 光学迷彩2.0 ―透明化する自己像を見る体験の設計―,日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 日本バーチャルリアリティ学会, Vol.16 No.2,pp149-152, 2011.
    (Jstage, pdf)

  21. Naoya KOIZUMI, Kentaro Yasu, Angela Liu, Maki Sugimoto, Masahiko Inami, Animated paper: A toolkit for building moving toys, Computers in Entertainment (CIE), ACM , Volume 8, Issue 2, 2010. (PDF, ACM)

  22. 小泉 直也, 清水 紀芳, 杉本 麻樹, 新居 英明, 稲見 昌彦. ハンドパペット型ロボティックユーザインタフェースの開発. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 日本バーチャルリアリティ学会, Vol.11, No.2, pp.265-274, 2006,(Jstage, pdf, https://doi.org/10.18974/tvrsj.11.2_265)

  23. 清水 紀芳, 小泉 直也, 杉本 麻樹, 新居 英明, 関口 大陸, 稲見 昌彦. 保持型ロボティックユーザインタフェースの研究. 日本知能情報ファジィ学会論文誌, Vol.17, No.2, pp.212-221, 2005.(pdf , cinii, https://doi.org/10.3156/jsoft.17.212)

  24. Noriyoshi SHIMIZU, Naoya KOIZUMI, Maki SUGIMOTO, Hideaki NII, Dairoku SEKIGUCHI, Masahiko INAMI, A Teddy-Bear-Based Robotic User Interface, Computers in Entertainment (CIE), ACM, Vol.4, No.3, July 2006(CiE, https://dl.acm.org/doi/10.1145/1146816.1146830, PDF)